今まで日本競馬は何頭も欧州最強馬決定戦である凱旋門賞に挑戦してきました。しかしどの馬もその牙城を崩すことができていません。日本最強と言われたディープインパクトが3着、前哨戦も勝利して万全の態勢で挑んだエルコンドルパサーが2着、適正の高さを買われて挑戦したナカヤマフェスタも2着、記憶に新しい3冠馬オルフェーブルは2年連続2着。あと少しというところまでいっていながら、なかなか勝てないでいるのです。

ただし、今年に関しては非常に楽しみがあります。なぜなら3頭もの日本馬が出走を予定しているからです。しかもどの馬も個性的で、バラエティーにとんでいます。まずはゴールドシップ。この馬は父親がステイゴールドで、ナカヤマフェスタやオルフェーブルと同じ。自身、重い馬場を得意としているので欧州の馬場にも適性がありそうで、自分の力さえ出せれば十分チャンスがあるはずです。次はハープスター。この馬はまだ3歳牝馬なのですが、持っている瞬発力は父のディープインパクト譲り。しかも、本番ではゴールドシップが背負う斤量よりも5キロも軽い斤量で出走できるのです。凱旋門賞はここ最近3歳牝馬が活躍しているレースであり、父の雪辱を晴らしても不思議ではありません。最後はジャスタウェイ。この馬は現在、ワールドベストホースランキングで堂々の1位を獲得している馬です。日本では勝ちきれない競馬が長く続いていましたが、ここにきてメキメキと頭角を現して世界最高峰の馬に上り詰めています。距離などの不安があるものの、足を溜めて爆発力にかければまとめて全馬を一蹴する可能性すらあります。

今年の凱旋門賞が楽しみでなりません。