4月からの消費税の増税。
増税までに何を買うか、周囲でも話題になっています。

家電製品や車といった、大きな金額のものを買うという人はあまりいなかったですね。
生活必需品の買いだめをする、という人が多かったです。
家を買う!という人がいないかな、と期待したのですが、さすがに家は勢いでは買えないですよね。

実際、スーパーマーケットでミネラルウォーターやトイレットペーパーといった生活用品を大量に買っている人をよく見かけます。
どれも単価は安いものだから、増税による金額の差は微々たるものですが、積み重ねてみると大きな金額になってしまいますよね。
カートにのりきらないくらい購入している人がいたのですが、生活用品って置き場所をとるものばかり。
自宅にスペースを確保するのが大変そう、と思ってしまいました。

私が買いだめしたのは化粧品と常備薬くらいです。
でもどちらも期限があるものだから、期限内に使いきれる分だけ購入しました。
使いきれずに捨てることになったら、もったいないですしね。

ただ、増税後は商品の値段が下がる、という意見もあって、本当のところはどうなのか疑問です。
4月以降になってみないと分からないですね。

増税によって一番キツいな、と思うのが光熱費と通品費です。
毎月一定金額支出しているものは、一番影響が出そうだなと感じます。
日々の節約やプランの見直しが必要ですね。

家計を赤字にしないように、「ないと困るもの」と「なくなってもそれほど困らないもの」、「品質が良いものでないと嫌なもの」と「リーズナブルなもので満足できるもの」、それぞれ判断しながら買い物をしたいと思います。